スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋の味覚 by Sarry


寒くなったと思えば、暑くなったり、そして台風がきたり・・・・
と思えば、今日は天気はいいのに、何だか涼しくて、すっかり秋の風

買い物に行くと、やはり感じる秋の訪れ・・・・。
お野菜たちもすっかり秋の装い、そして私のお腹もそんな食材たちに刺激されっぱなし

先日、栗を買ってきて、今年初の”渋皮煮”にしようと張り切って準備していたら、
うちの旦那ちゃまに”栗”見つかってしまい・・・・。
旦那ちゃま、甘いものが苦手で、”渋皮煮”は食べられません
買ってきた全部を食べられないものにしてしまうのは、心苦しかったので、
半分を栗ご飯に、残りの半分を渋皮煮にしました。
とはいっても、うちの家族、オーソドックスな栗ご飯は苦手なので、
栗ときのこ、鶏肉などを入れた”秋の味覚おこわ”にしました。
また、作った渋皮煮は刻んでロールケーキに。

kuri.jpg

栗、美味しくて、ついつい食べ過ぎてしまう私
今日娘に言われた一言
”ねえ、ママのお腹はなんでこんなに大きいの
それでもめげずに、食欲の秋一直線でいきたいと思います。

さて、食欲はさておき、読書の秋とか、芸術の秋とか、スポーツの秋とか・・・・。
秋っていろんな意欲が湧いてきますよね。

ロールケーキをのせたお皿、”ハコリエ”という作家さんの作品です。
前から素敵だなと思っていたのですが、四日市でも、扱っているお店がありました。
Brookさんです。
先日、料理教室のチラシを置かせていただきに行くと、
入荷したばかりのこのお皿を発見。
秋色で、とっても素敵。
このお皿に、何をのせよう・・・・、そんな意欲が湧いてきました。
で、このロールケーキと渋皮煮となったのです。
ロールケーキは、コアントローをきかせ、
甘めの渋皮煮をさっぱりと食べられるようにしてみました。
お皿が可愛いので、デコレートしなくても、のせるだけでよそ行きな印象に。
柄も、優しい色合いなので、主張しすぎず、美味しく見せてくれるのが嬉しいです。
次は、何をのせようか・・・・。
楽しみです

そして、レシピのご紹介ですが、
”秋の味覚たっぷりおこわ” です。

材 料

うるち米・・・2合
もち米・・・・2合
栗・・・・・・大きいもの8粒
きのこ類・・・適宜
人参・・・・・少々
鶏モモ肉・・・1/2枚
酒・・・・・・大さじ2
みりん・・・・大さじ2
醤油・・・・・大さじ4
塩・・・・・・小さじ0.5
出汁用昆布



作り方

1.栗は水に一晩浸しておき、鬼皮、渋皮をむき、4~6等分に切る。
  米を研ぎ、40分以上浸水させておく。
2.調味料と昆布をボールに入れ、イチョウ切りした人参、小さく切った鶏モモ肉を入れて、
  下味をつける。
3.きのこ類は適宜切り、炊く直前に栗ときのこ類を2の調味液に合わせる。
4.米は、一度4合分の水加減にしておき、そこから、調味液分大さじ8杯分の水をのぞき、
  3を上にのせ、いつも通り炊飯する。

 

  
 Sarry
 http://sarry511.web.fc2.com/
スポンサーサイト

まだまだ暑いので・・・体を冷やす、冬瓜とあさりのスープ煮

夏もそろそろ終わり。
今年はそこそこ暑かったので、食べ物といえば、うちはスイカと冬瓜の出番が多かったです。

中でも冬瓜は、けっこうレパートリーが増えました。

体を冷やすので、冷房を控えて節電!のこの夏にはぴったりのメニューでしたよ。

すぐに煮えて、スープもよくしみるので、大根煮るより簡単。

和風も中華もどっちでも美味しくいただけます。

今日はあさりと一緒に煮てみました。


<冬瓜とあさりのスープ煮>

tougantoasari

(材料)4人分
・冬瓜 300g
・あさり(殻つき) 300g
・酒 1/2カップ
・中華スープ 300ml
・塩、コショウ 適量
・片栗粉 大さじ1
・すだち 適量

(作り方)
1、冬瓜は皮を薄く剥いて、一口大に切ります。皮を剥くとき、緑の部分が少し残る程度に剥いたほうが翡翠のようできれいです。
2、あさりは砂抜きして、よく洗い、鍋に酒と一緒に入れて火にかけます。
3、あさりが全部開いたら、一旦あさりを鍋から取り出し、あら熱がとれたら殻を取り除きます。殻はつけたままでもかまいません。
4、鍋に残ったスープに、冬瓜と中華スープを加え、冬瓜が柔らかくなるまで煮ます。
5、あさりを戻し、塩、コショウで味を調え、水で溶いた片栗粉でスープにとろみをつけます。
6、器に盛り付け、薄く切ったすだちを散らして完成です。
あさりの旨みが冬瓜にしみて、一口噛むとじゅわ~っとスープが口の中で広がります。

あつあつより、冷たく冷やしたほうが、我が家では人気です。

あさりを蒸すときに、酒を使わず、少量のお水を使えば、離乳食にもアレンジできますよ。


梅干日和

ここ浜松もようやく梅雨が明けました

梅雨があけたらやらなきゃならないことがありました。

そう、梅干の土用干し。

6月に袋で漬けた梅干が、きれいに紫蘇で染まって、仕上げの工程を待っていました。

※漬けたときはこんな感じ⇒6月17日「今年は袋で梅干を作っています」

まだ土用の丑の日は先なんですが、こんなに晴れてるんだもの。

干しちゃってもいいはず。

で、さっそく、ベランダに干しました。

IMG_0544.jpg

できるだけ直射日光に当てたほうがよいので、日当たりのいい場所を選んで干します。

三日三晩干しますが、日に2、3回は梅干をひっくり返して、まんべんなく日に当てます。

干しているうちに、果肉も皮も軟らかくなります。

こうやって手にとってひとつひとつ反していると、梅干がものすごくかわいく思えるのです。

今年は袋で1kgだけ作りましたが、思った以上に簡単でうまくできた気がします。

袋に入れて密閉してしまうので、雑菌が繁殖することもなく、梅酢もすぐ上がってきましたし、
なにより赤紫蘇を入れてから、色をいきわたらせるために、ときどき反すのも袋ごともむだけなので、簡単でした。

それにしても、朝7時だというのに、暑い暑い。腕が焦げるかと思いました
夏が来ましたね~

byマイマイ

今年は袋で梅干を作っています

や ~~~
Sarryのトマトづくしのレッスン、楽しそうですね。

これからの季節、トマトが美味しくなるので、私も何か作ってみよう。

さて、私はといえば、今週は梅仕事。

今年は、うちの実家の梅が不作だったため、もらえたのはたったの1kg。

樽で作るほどやないな~ということで、梅干をはじめて袋でつけてみることにしました。

IMG_0454.jpg

2日もすると梅酢があがってきました。

袋の口を開けずに、上下返したりもできるので、樽より簡単かも。

昨日買ってきた赤紫蘇を、さっき早速いれてみました。

このままで、土用干しができる日まで漬け込みます。

う~ん、楽しみ

byマイマイ

貧血にも効く!乾物を使って鉄分たっぷり常備菜

Sarryのレッスン、ますます盛り上がってる~~
楽しそう!
美味しいもの沢山作って、私にも教えて^^


さて、今日から6月。
6月といえば、やっぱり梅雨。
赤ちゃんのいるママはなかなか外出しにくいですよね。

先日も、雨が降る前に買い物に行こうと午前中に家事を済ませて・・・と急いでいたら、
無情にも雨が降り出してしまいました。

なかなか思うようにいきません。

というわけで、その日は家にあるもので、夕食を作ることになりました。

私、けっこう乾物好きなので、椎茸やお麩、海草、豆なんかも常時ストックしています。

この日は、妊娠中、授乳中のママには不可欠な、カルシウムや鉄分を多く含む、ひじきと高野豆腐で1品。

<高野豆腐とひじきのそぼろ風>IMG_0405.jpg

①高野豆腐(乾物の状態で10gぐうらい)は水で戻し、よく絞ってから、フードプロセッサーでみじん切りにします。
②鍋につゆの素(大さじ2)をいれ、同量の水を足し、そこに①を入れ、汁気がなくなるまで煮ます。
③水で戻したひじき(乾物で約10g)と鷹の爪1本をごま油で炒め、醤油、砂糖、みりんで味を調えます。
④最後に②と合わせて、よく混ぜ合わせたら完成。

そのままでも、ご飯に乗せても、茹でたアスパラやインゲンと和えても美味しくいただけます。
多めに作っていろいろアレンジしてみてください。
冷蔵庫で1週間は保存できます。

byマイマイ
プロフィール

ふたりでコトコト

Author:ふたりでコトコト
四日市と浜松の料理好き主婦二人の交換日記ブログ・・・でしたが、現在、浜松マイマイが更新できず、四日市Sarryのみの更新になっています。
四日市市西松本町自宅料理教室Sarry's Room kitchen。季節や旬を意識しながら月替わりメニューのLessonをしております。詳しくは、HPをご覧ください。http://sarry511.web.fc2.com/Sarry's Room

Facebookページも宣伝

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。