スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いちごのコンフィチュール

P1010378.jpg

だんだん暖かくなってきましたね。

こんにちは、マイマイです。

ここ浜松では、桜が終わって、ハナミズキ、小手毬、山吹、つつじの花が次々に咲き出しています。
春ってすてき~
でも、今年は浜松祭が中止になり、いつもなら1年で一番にぎわう時期ですが、ひっそりしています。


ところで、今日いちご食べました?

私は大好きないちごの季節がそろそろ終わってしまうので、気が気でなく、焦りもあって、ほぼ毎日いちごを食べています。
もちろん今朝もっ!

いちごといえば、やっぱり生食ですが、生でも本当においしいのは、出始めの時期。
静岡産のいちごでいうと、紅ほっぺは12月が一番美味しいですね。
その後、あきひめが続いて、3月は「かなみひめ」なんて品種も出てきます。
これも旨みが濃くて美味しいです。

そろそろいちごの季節も終わる今お勧めの食べ方が、いちごのコンフィチュール。
いちごジャムも美味しいのですが、いちごの形を残すことで、口に入れたときのジューシーさは格別です。

私は、ヨーグルトにかけて食べますが、甘いのが好きな方はそのままでも。
もちろんパンやクラッカーにのせても美味しいです。
市販のチーズケーキに添えて出せば、ちょっとすてきなデザートにもなるんですよ。

<いちごのコンフィチュール>
●いちご 600g(わたしは紅ほっぺを使いました)
●砂糖  200g
●レモン汁 大さじ1

作り方
1.いちごはきれいに洗ってへたをとり、鍋に入れ、分量の半分の砂糖をまぶして、30分おきます。
2.いちごから水分が出てきたらレモン汁を加え、鍋を火にかけ、中火で20分ほど煮ます。このとき、灰汁が出てくるので、丁寧にとります。ここでかき混ぜすぎると実がくずれてジャムになってしまうので、かき混ぜすぎないこと。
3、一旦火を止め、残りの砂糖を加えて、軽くかき混ぜ、完全に冷めるまでしばらくおきます。
4、冷めてから再度火にかけ、煮汁が1/3になるまで中火で煮詰めます。このときもかきまぜすぎには注意します。
5、冷めたら完成! 長期間保存する場合は、熱いうちに保存びんに入れ、しっかり蓋をしてひっくり返して冷ませば1年は美味しくいただけます。


ジャムやコンフィチュールはよく作るんですが、お友達へのプレゼントや親戚へのお土産に配って、けっこう喜ばれます。
いちごの季節が終わる前に、ぜひ作ってみてください^^

byマイマイ
スポンサーサイト

テーマ : 手作りお菓子
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ふたりでコトコト

Author:ふたりでコトコト
四日市と浜松の料理好き主婦二人の交換日記ブログ・・・でしたが、現在、浜松マイマイが更新できず、四日市Sarryのみの更新になっています。
四日市市西松本町自宅料理教室Sarry's Room kitchen。季節や旬を意識しながら月替わりメニューのLessonをしております。詳しくは、HPをご覧ください。http://sarry511.web.fc2.com/Sarry's Room

Facebookページも宣伝

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。